元カフェ店員が教える!カフェバイトの店選び・仕事内容・面接などについて

カフェのバイト

皆さんどうも!!

僕は、渋谷の有名なカフェで1年バイトしていました!

 

その時に周りにカフェバイトを掛け持ちしている人が結構いて、色々なカフェの情報を聞いていたので

今回は

 

  • カフェのタイプ
  • 仕事内容
  • 面接の受かり方

 

などを僕が働いていた時の経験を軸にまとめたいと思います!

カフェのタイプ

 

カフェのバイトといっても大きく分けて以下の三つのタイプに分かれると思います。

 

  • ドトール、タリーズ、サンマルクなどの大手チェーン店
  • 有名だが、都心のエリアに数店舗で展開している中規模なカフェ
  • 個人経営のカフェ

 

ちなみにこの中で僕が働いていたのは、都心のエリアに数店舗で展開しているタイプのカフェでした。

それぞれタイプ別に特色があり、向き不向きがあると思うので説明していきたいと思います!

大型チェーン店

大型チェーンはどこも制服がしっかりと決まっていて、身だしなみにも気を配っていることが多いのでどの店も
ピアス髪型などを含めて服装の自由はほぼ無いといっていいと思います。

 

また、カウンターにお客さんが来て注文を受け、その場で渡すといった半分セルフのようなシステムなので
お客さんと接する時間が他のタイプのカフェと比べ少ないのも特徴です。

 

メニュー数は普通〜やや少ないと言ったところですね。

 

イメージは、好青年、清楚系タイプの方に向いている職場といった感じですねw

中規模展開のカフェ

カフェと言って中高生〜大学生が想像するのがこのタイプだと思います。

 

インスタ映えでおしゃれな雰囲気なところが多く、モデルさんなどがオススメしていたりします

 

カフェとしての系統やテーマが決まっているので自分の趣向にあったところを選ぶといいです!

 

おしゃれさが重視なので私服で勤務するところが多く、
僕の店は、雰囲気を損なわなければ髪色もピアスも自由で外国人くらいたくさんタトゥーを入れたスタッフもいましたw

 

大型チェーンと比べ、賑やかなお客さんが来ることが多いので接客もしっかりとコミュニケーションを取れます。楽しいですよ!!

 

メニュー数はやや多く、期間限定やコラボなど入れ替わりが激しいですね。

 

イメージは、オシャレ大学生やアパレルっぽい人が働くって感じですかね。

※メイド服やレトロなどしっかりテーマが決まっているカフェは自由度が低いです。

個人経営のカフェ

そもそもカフェで働きたい!って人がイメージするのとは違うと思いますが
このタイプは、雇用人数が少ないのでなかなか入れる機会がないと思います。

 

しかしその分メリットもあり、責任者との距離が近く仲良くなったりできるので自由度が高くなりやすいです。

 

僕の友人の働いているところは四六時中つまみ食いOKだそうです(笑)

 

お客さんは、ほとんど常連のご年配の方で、
がっつりコミニュケーションをとる感じなので、そういったのが好きな方には一番向いているのがこのタイプかと思います。

 

イメージは、看板娘タイプの人が働くって感じです。

仕事内容

ここからは僕の経験なので主に中規模展開のカフェの話になります。

 

カフェのバイトには朝番と夜番があり、勤務の時間帯によってかなり仕事の内容が異なります。

 

僕はホールスタッフの朝晩で、10時〜17時の勤務でした。

 

朝晩の仕事は、まず出勤したらホール、キッチン共に仕込みをします。出勤時間はだいたい開店の1時間前くらいです。

 

ホールは比較的簡単なドリンク類の仕込みやカットレモンの準備などを

キッチンは開店まで料理の仕込みをがっつりとしていきます。

 

ホールの仕込みが終わると、店内の掃除や予約の確認などをし開店に備えます。

 

開店時間の仕事内容は朝夜同じで
ホールはドリンクを担当をしたり、接客や予約の電話対応などでキッチンは調理と洗い物などです。

 

ちなみに中規模展開と個人経営のカフェはお酒を出すところが多いです。

 

朝晩の違いはランチタイムかディナータイムかでメニュー数が変わるところや
仕込み作業をするか、締め作業かと言う点です。

 

ランチよりもディナーの時間帯の方が圧倒的に混むし、お客さんの一人当たりの注文数も多くなるので
夜番の方が圧倒的に大変です!!特に休日の夜は地獄、、

 

なので時間帯の選びやすいフリーターの方などには朝晩がおすすめです!

面接の受かり方

やはりカフェのバイトは大人気で、僕の働いていたところはバイトアプリに掲載した途端に40名応募があるほどでした。

 

たくさん応募がある中で、受かるにはやはりライバルよりお店にとってメリットがあるような人材でなければならないのですが
一番重要視される点はやはり、どれだけシフトの穴を埋めてくれるかです。

 

当たり前ですが募集時のお店に火曜のバイトが不足していたら火曜に入れる人が欲しいですもんね!

 

そのほかには、飲食経験のある方はハンディー(注文を取る機械)などを使えたり、接客に慣れているので優遇されやすいです。

 

面接時にはどこに欠員が出やすいのかを聞き、それに合わせられることをアピールするのが一番いいと思います!

ちなみに美男美女の方が受かりやすいイメージがありますが全然そんなことないです!(多分)

給料、待遇など

カフェバイトの給料ですが

参考までに都内の大手チェーンの給料を以下の表にまとめてみました!

 

都内カフェバイト初期の時給 早見表

※これはスタートの額で、店により昇給するところもあります。

 

僕の働いていたような、中規模展開のお店は1000円〜といった感じが多いです。

 

給料のほかに個人的に一番重要だと思う要素があります、そうまかないです!

 

食費も浮くし、どうせなら働いてるカフェの美味しいご飯を無料で食べたくないですか??

 

しかしまかないが有料だったり
メニューの中からではなくあり合わせの食材で適当に作ったものが出されたりするところもあるので

バイト先を決める上で、大切な要素の一つとして目を向けてみてはいかがでしょうか!

 

僕はまかないのあるバイトのおかげでフリーター時代は食費を月2万ほど浮かすことが出来ていました。

まとめ

カフェバイトを選ぶときは

 

すぐに決めて効率的に働きたいなら大手チェーン

おしゃれなところで楽しく、服装も自由に働きたいならば中規模展開のカフェ

地域密着型でお客さんと距離が近いところがいいなら個人経営といった感じです。

 

それぞれ向き不向きがあると思うので、自分に合ったタイプを念頭に置いて求人を探してみてはいかがでしょうか

ではまた次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す